今日も船に揺られて

いつまで経っても初心小心者の旅日記。

進む事と見付けたり

 私は弱い。まだまだ、かなり。
 のんびり冒険する事も好みなのだが、いつまでも弱い侭燻ってもいられない性分だ。
 優しく手を差し伸べて貰ってばかりでは、私自身の気が済まなかった。いつか隣に立てるように、力を付けねばならない。
 そんな決意を、迷いながらも小さな形で実行に移した。
続きを読む

戸惑いからの決意

 リアルフレンドにAさんという方がいる。
 私がPSO2をプレイするきっかけ、PSPo2iの世界に私を引き込んだ人である。
 PSPo2iの時はAさんが先輩だったので、Aさんを見習って成長し、随分経ってやっと肩を並べるようになった。それがPSO2を始める直前の話だ。

続きを読む

きみといっしょ

 それはふわふわと、自分の左斜めの空中に可愛らしく浮かんでいる。
 それは元気が無くても、文句を言わずにずっと側にいてくれる。
 私はそんなマグを、健気さの塊だと思う。
続きを読む

百点満点のAクリア

 一度繋がっただけでは駄目だ。握手を離して、それから交流を継続する事が大事なんだ。
 私はなけなしの勇気に呼びかけていた。日が過ぎ、あの方はどうしているだろう、などと寂しい思いを馳せるのは嫌だろう、と。
 勇気は決心してくれた。
 打ち込んだウィスパーを眺めていた指が動き、漸く発言する。

 ウォパル緊急クエストである「ビーチウォーズ!」で、初めて自分がリーダーになり、パーティらしいパーティを組めたのもついこの間の事だ。
 私がウィスパーを送ったのは、そんなパーティで出会ったWさんだった。
 今回の目的は、砂漠探索ハードへ赴き、ブリアーダを倒してカタナ「シガルガ」を手に入れる事。私はまだ、メイン武器のレアというものを自分で手にした事が無い。
 Wさんがブレイバーだった事を思い出し、利害が一致すれば、という、まだまだ怯えの入った心である。
 ウィスパーが返ってくる。
「いいですよー」
 私が思わずぐっとガッツポーズしたのは言うまでもない。
 Wさんのところへ向かう為、ブロック移動をしようとフレンドリストを見る。Wさんの状態はクエスト中になっていた。迷いながら冒頭のウィスパーを打ち込んでいた間に受託してしまったらしい。
 しまった、邪魔をしてしまった。そう思った私がブロック移動をすると、程無くしてWさんが姿を見せた。クエストを放棄したらしい。
 私がクエストの邪魔を謝罪すると、Wさんは穏やかに大丈夫だと私に告げた。海岸の頃に引き続き、またも初っ端から元気付けられてしまった。
続きを読む

書き方のお話


 此処の文章の書き方についてのお話です。
続きを読む
自己紹介と此処について
PLID:黒羊ユク(紹介記事)

Ship5ラグズで活動中。
動かしているキャラに似つかわしくないガクブル体質。
戸惑いと躊躇いの中、今日ものんびり歩いています。
ゲーム雑多ついった:kokuyou_yuku
現在水曜日に更新です。
書いた記事が溜まりすぎて時系列が滅茶苦茶ですがご了承下さい。
お名前(キャラ名)は許可を頂かない限り頭文字表記にしておりますが、写真などで記事中に登場する事が不快だと感じられましたらコメント欄やメールフォームよりご一報下さい。
ひとことすぺーす 12/8
来年のおねんが記事は1/2更新予定です。
最新コメント