このブログのカテゴリ「物語」記事一覧です。




■物語一覧
 ひとりぼっちぐらし
 こころばかり
 悲しみよ、君よ
 幕間にて
 くるしいくらいに
 ひな曇りの日
 霧の中
 風になる
 はじめてのおてつだい
 銀朱色した輝きの
 罪の感触
 銀朱色した輝きの君
 風の行き先



■ひとりぼっちぐらし
ひとりぼっちぐらし表紙
 ダーカーから攻撃を受け、大部分のシステムが停止したオラクル。
 全員で避難所へと向かうが、クレイトだけが取り残されてしまう。
 ひとりぼっちの彼が送る生活とは。DDoS攻撃事件を元にした物語。

 ひとりぼっちぐらし 第1話
 ひとりぼっちぐらし 第2話
 ひとりぼっちぐらし 第3話
 ひとりぼっちぐらし 第4話
 ひとりぼっちぐらし 第5話

 ひとりぼっちぐらし 第6話
 ひとりぼっちぐらし 第7話
 ひとりぼっちぐらし 第8話
 ひとりぼっちぐらし 第9話
 ひとりぼっちぐらし 第10話

 ひとりぼっちぐらし 第11話
 ひとりぼっちぐらし 第12話
 ひとりぼっちぐらし 第13話
 ひとりぼっちぐらし 第14話
 ひとりぼっちぐらし 第15話

 ひとりぼっちぐらし 第16話
 ひとりぼっちぐらし 第17話
 ひとりぼっちぐらし 第18話
 ひとりぼっちぐらし 第19話
 ひとりぼっちぐらし 第20話

 ひとりぼっちぐらし 第21話(最終話)




■こころばかり
 まさか此処までの事になるなんて。
 物語「ひとりぼっちぐらし」、及びフレンドさん作スピンオフ「ぼっちのだらぐらし」の後日談。

 こころばかり




■悲しみよ、君よ
悲しみよ、君よ表紙
 まだクレイトがオラクルに来て間も無い頃。
 オラクルから「ダーカー製クローン」としての扱いを受け、漸くそれを乗り越えた先に待っていたものとは。

 悲しみよ、君よ 注意書き

 悲しみよ、君よ 第1話
 悲しみよ、君よ 第2話
 悲しみよ、君よ 第3話
 悲しみよ、君よ 第4話(最終話)




■幕間にて
幕間にて表紙
 歩む道の途中、昔話をしよう。
 それは『彼』と、銀朱の刃のお話。

 幕間にて 第1話
 幕間にて 第2話
 幕間にて 第3話
 幕間にて 第4話(最終話)




■くるしいくらいに
くるしいくらいに表紙
 きっかけと共に始まりを思い出すツィーエ。
 己の過去を改めて見詰め、彼が見付けたもの。

 くるしいくらいに 第1話
 くるしいくらいに 第2話
 くるしいくらいに 第3話(最終話)




■ひな曇りの日
ひな曇りの日表紙
 研修生のある一日。
 それは、お気に入りがどれも台無しの日。
 チムメンさんをお借りした物語。

 ひな曇りの日 第1話
 ひな曇りの日 第2話
 ひな曇りの日 第3話(最終話)




■霧の中
霧の中表紙
 エルダローエは苦悩する。こんなにも、こんなにも。
 思いが巡るのも、全てはただ一つの理由の為に。

 霧の中 第1話
 霧の中 第2話
 霧の中 第3話
 霧の中 第4話(最終話)




■風になる
風になる表紙
 サポートパートナー・カカゼの運命。
 その運命を変えたあなた。道は険しく遠く、そして。

 風になる 第1話
 風になる 第2話
 風になる 第3話(最終話)




■はじめてのおてつだい
はじめてのおてつだい表紙
 クエストに付いてきてしまった小さな彼ら。
 けれども無茶をした理由は、とても大きいもの。

 はじめてのおてつだい 第1話
 はじめてのおてつだい 第2話(最終話)




■銀朱色した輝きの
銀朱色した輝きの表紙
 夢か現か、レツィービートが出会うもの。
 その思いはどんなものだったのだろう。

 銀朱色した輝きの 第1話
 銀朱色した輝きの 第2話(最終話)




■罪の感触
罪の感触表紙
 レツィービートとクレイトが、今でも抱える罪。
 それはどうしようもなく苦しく、忘れられない。
 ※流血表現が出てきます

 罪の感触 第1話
 罪の感触 第2話
 罪の感触 第3話(最終話)




■銀朱色した輝きの君
銀朱色した輝きの君表紙
 幻ではない、その思いの顕現。
 これからを見据える瞳は輝いていた。

 銀朱色した輝きの君 第1話
 銀朱色した輝きの君 第2話
 銀朱色した輝きの君 第3話(最終話)




■風の行き先
 クレイトのサポートパートナー、カカゼにあったある事実。
 その事実がもたらしたもの。

 (準備中)