クエストに行く時間どころか、ログイン出来る時間すら怪しくなっている最近を振り返る。
 コレクトシートを進める事はおろか、メセタ稼ぎもする暇が無い。日課である各キャラのサポートパートナー依頼をするだけで精一杯、時に日課すら中途半端にするしかない事が多くなった。


 純粋に時間の面や、体調の面でこのような悩みを抱えるアークスも多い事だろう。
 このような中、一体どのようにすれば目標を達成出来るか、目標の取捨選択が重要になってくる。

 私の目下の目標といえば、1stキャラレツィービートのメイン武器であるカタナ、中でも緊急用のカタナを新調する事だ。現在持っている、唯一緊急に持って行けるものはレア度13の「インヴェイドガラン」だが、この武器はダメージのぶれ幅が大きい性質で疎まれ、そしてどんなにぶれへ対策をしても「その対策があるから」という、ある種理不尽な理由で疎まれているようだ。
 其処で、常に狙える、比較的安定して狙える、というドロップ特徴を持ったレア度13カタナ「サイカレボルシオ」を求めてアドバンスクエストを彷徨っている。エネミーが一定レベルになると、一定フィールドの全エネミーからドロップ判定が発生するらしい。
 しかし、あくまで小耳に挟んだものによれば、ではあるが、この武器ですら疎まれているらしい。だが私の「時間が無い」という環境で望みの属性を狙える武器は最早これしか無い。此処は妥協するしかなさそうだ。

 「サイカレボルシオ」はその昔、コレクトシート「レボルシオコレクション」にて確実に手に入れられた武器だが、如何せん時間のかかる内容だった。
 辛うじて3個手に入れたのが救いだが、シートで手に入るものは風属性だった。私が求めるのは光属性なので、属性値を60にする為にはどうにか光属性の「サイカレボルシオ」を、1個ないし2個手に入れる事が求められる。属性変化アイテムをマイショップで求めてもいいが、その後の強化などを考えるとメセタを其処に割く余裕が無い。

 しかし「時間が無い」事は更に壁を作る。
 「レボルシオ」武器を狙うには、難易度スーパーハードのアドバンスクエストのリスクを大幅に上げねばならない。しかし上げたリスクは一週間経つと物の見事にゼロへ戻ってしまう。最低でもリスクアップの間に同じカプセルが指定されたアドバンスクエストを二回、隅々まで回らねばアドバンスカプセルは赤字になりやすい。

 壁はまだまだある。
 「レボルシオ」武器はドロップ品だ。その為、レアドロップ倍率+250%などのブーストアイテムを使わねばならないのだが、「時間が無い」事でブーストアイテムを手に入れる為のエクスキューブ集めも侭ならないのだ。

 何とも悩ましく、じりじりと消耗していく感覚は確かに感じる。
 しかし何もせずに、無謀な行動に出る事だけは避けたい。
 葛藤し絡み付く蔓に潜む、呑み込むものの影を見ながら思う。