緊急クエスト「月駆ける幻創の母」に挑戦しようとロビーで待機していた時だ。
 ふと横を見ると、「リリーパ募集」とフリーメッセージを掲げた団体がいるではないか。


 後で知ったのだが、これはリリーパスーツで年末を過ごす企画の一環で、リリーパスーツ限定で緊急クエストに挑もう、というものだったらしい。
 リリーパスーツならば唯一「武者リリーパ」を持っている。思い切って尋ねてみると快諾があったので、パーティーメンバーに加わった。
 人数集めにかなり苦戦し、私も探してみたが集まったのは10人だ。しかし10人いれば何とかなるのではないか。その結論に皆乗って、出発した。

 前半戦はやはり苦戦したが、初挑戦時に地形の所為で七回も撃墜された事を考えると撃墜三回で抑えたのはかなりの進歩ではないだろうか。
 そうして前半戦を制し、見えたもの。
月面砂漠に影あり01
 いざ参る、と言わんばかりの背中だった。

 やはり一撃が重く、戦闘不能になる者もいるが立て直しが素早く、怒涛の勢いで攻撃を加えていく。
 立方体を出現させる超威力の攻撃も一回は止める事に成功し、ダウンを奪って攻撃を叩き込んだ。
 巨大なエスカファルス・マザーの動きを至近距離で確認するのは困難だったが、負けてもいられない。コアを狙ってこれでもかと攻撃すると。
月面砂漠に影あり02
 遂にその巨体は沈んだのである。

月面砂漠に影あり03
 砂漠の星の民、月面砂漠にて。
 その影はお祭り騒ぎで跳ね回り、声が甲高く響いたのだろう。