もうすぐで年明け、という時である。
 私は一緒にいたフレンドのタカシさん(タカシくん)とSさんへ、とある事を提案してみた。
 社に埋まってみないか、と。


 ロビーのショップエリアにはイベント毎に巨大なモニュメントが設置される。今はクリスマスに合わせてツリーが飾られているが、それが年越しと同時にお参り出来る社に変化するのだ。
 その変化の瞬間にツリー周辺にいると、体が社に埋まってしまう。出られなくなる事もあるらしいが、その時はマイルームなどに移動して脱出すればいい。
 そんな奇妙な年越しを誘ってみると、体験してみたいとの返事があったのでツリー周辺に待機する事にした。
埋る詣る01
 寝正月ならぬ埋正月(まいしょうがつ)である。

 会話をしているともう一分前、埋まれるか埋まれないか、一発勝負だ。
 そうして年が明け、モニュメントが変化した。
埋る詣る02
 次の瞬間視界は見事に社の下で、どうやら埋まったようである。
 そして三人共ジャンプするとするりと抜け出たようだ。珍しい光景にSさんも満足げである。
埋る詣る03
 初詣だと社に参ると、運勢が表示された。
『○願望 [中運No.1-B]
 意外なところで
 思いがけず願いが叶うでしょう』
 叶う願いは何だろうか、そんな事を思っていると、傍らのSさんが悲壮な声を上げた。運勢で凶運が出た上に雷に打たれたというのだ。今年から手痛いものも混ざっているらしい。

 のんびりとした行く年来る年。
 願わくはこの時のように、楽しみに満ちたものである年になるように。