ソロ限定緊急クエスト「輝光を屠る輪廻の徒花」が実装された。
 これにカタナで挑むにおいて、どうしても解決せねばならない事がある。


衝撃の衝突01
 相手はダークファルス・ダブル、そして【深遠なる闇】。難度はエクストラハードのみ、即ちエクストラハードでの追加行動も繰り出してくるのだ。
衝撃の衝突02
 エネミーの動き自体には、難度スーパーハードではあるが大体慣れている。しかしこのクエストの制限時間が20分という短さであり、如何に素早く打倒するかが鍵となるのだが。

衝撃の衝突03
 頭を悩ますのはダークファルス・ダブルの追加行動だ。攻撃としてマーダ・トカッタを何体も射出するのだが、追加行動版では赤黒いマーダ・トカッタとなり、その追尾速度が走っていても追い付かれる程に上がっている。回避せねば生き残る事はまず難しい攻撃の癖をして、繰り出してくる頻度が高く、当然攻撃チャンスは減る。
衝撃の衝突04
 普通に戦った初見では13:30程もかかってしまった。
衝撃の衝突05
 当然【深遠なる闇】戦で時間が足りなくなる。
衝撃の衝突06
 時間切れに焦ってしまい、ミスをして倒れてしまったのは最早駄目押しだった。

 どうにかして赤黒いマーダ・トカッタ達を避け、攻撃をしなければ。其処でまず考えたのはフォトンアーツ「ツキミサザンカ」で浮く事だった。
 何度も失敗し倒れては挑戦する。しかし教えられたのは絶望的な答えだった。
 まず、赤黒いマーダ・トカッタがジャンプしてきたのには驚くしかなかった。中途半端な高さでは駄目らしい。
 どうにか避けられる高度に達するには素早くツキミサザンカを、最低でも四回放たねばならない。そして此処からが難題だった。
 其処から一寸も落下しない内に武器パレットを切り替えて、グレンテッセンなりカザンナデシコなりを放つしかない。しかしツキミサザンカは少ししか浮かず、一瞬でモーションが終了する。
 VITAでの基本操作はこうだ。
 右手で×ボタンを押してジャンプし、その頂点で△ボタンを押してツキミサザンカを放つ。
 四回目のツキミサザンカを放った直後、左手人差し指で十時キーの上下どちらかを二回入力する。これで武器パレットを呼び出し、一つ切り替える。
 そして武器パレットを確定する為に、×ボタン以外を一回押す。
 その上で△ボタンを押してやっと、別の武器パレットのフォトンアーツを放てるのだ。
 武器パレット変更後、二秒間程は変更を受け付けない事も大きい。間違いは許されないのだ。
 結局挑戦し続けた中で成功したのは僅かであり、殆どは攻撃に呑まれて倒れ伏してしまった。

(これは……)
 あまりにもリスクが大きい操作で、良策とは言えない。
 対策として他に考えたのは、スキルリング「L/ジャンピングドッジ」を作成する事だった。更に調べてみると、フォトンドリンクの副効果の一つであるフォトンアーツ強化も有効であるらしい。
 このクエストは期間限定である、首尾良くギャザリングを終わらせ、出来る限り挑戦していくしかない。
 迫り来る衝撃にどうしても勝ちたいと願うのは、戦士の性であろう。



 続き:「暗中模索の末は