記事「暗い道で待っている」の続きである。
 ソロ限定緊急クエスト「輝光を屠る輪廻の徒花」の期間終了まで、あと一週間となった時の事だ。


 用意していたレア度13カタナ「アストラリープ」は、属性値こそ40と間に合わなかったものの、特殊能力の整備は終わった。
 スキルリング「L/ジャンピングドッジ」もやや強化出来ている。
 料理「肉野菜炒め」を作る為の材料も足りる。
 チャンスはもう此処しかないだろう。この一週間に懸ける、緊急クエストの予定表を見て、そう決心したのだが。

(なんて……事だ……)
 水曜日、定期メンテナンスの日を迎えてしまった私は愕然とした。最近ログインすら出来ない日が多いが、何もこの一週間をほぼ潰さなくとも良いではないか。
 その結果、この一週間で「輝光を屠る輪廻の徒花」に行けた回数はゼロだ。挑戦出来ずに終わってしまったのである。策と動きを苦労しながら練って、装備を整えていた私にとってこれは非情なまでの仕打ち以外の何物でもなかった。

 あとはバッヂを集め、クエストトリガーで行くしかない。
 しかしレベル80解禁の為のコレクトファイル、レボルシオシリーズのシートを進めなければならない事を考えると、とても時間が足りたものではなさそうだ。
 嘆きは大きく、壁も高い。
 その中であっても、その機を窺う目だけは閉じないようにしておきたい。今出来るのはこれだけだ。