ギャザリング可能なフィールドが追加されてどのくらい経ってしまっただろう。
 それもあり、久々にギャザリングをしてみようと思い立った私は、まず「採掘場跡探索」へと赴いた。


砂の海で探すもの01
 まずは採取をする。砂と鋼鉄の中から出てくるのは「採掘場跡ジャガイモ」が多く、偶に「採掘場跡コショウ」が出てきた。あとはバターを乗せて蒸かしたくなるような組み合わせである。
砂の海で探すもの02
 釣りは何処でするのだろうと思えば、なんと流砂目掛けて糸を垂らしたではないか。驚きつつ見ていると「採掘場跡タチウオ」が釣れる。
 暫くしてフィーバーに突入し、次々に釣り上げると「採掘場跡サメ」が多く揚がった。
砂の海で探すもの03
 料理の材料で一番欲しかった「採掘場跡ウナギ」は1個と少なかったものの、まあまあではないだろうか。

 後日、「砂漠探索」へと足を運ぶ。
 やはり釣りは流砂で行うらしい。釣れたのは「砂漠ヒラメ」が多かった。砂と同化していそうなものだが、簡単に釣れるのだろうか。
 途中でフィーバーへ突入し、採取を中心にしようとピッケルを勢い良く振り下ろす。何が採れたのかを確認する暇も惜しく、がむしゃらにフィーバータイムの恩恵を受けた。
砂の海で探すもの04
 ギャザリング実績達成の恩恵も受けて成果は上々、中でも「砂漠トパーズ」が美しく輝いていた。

 砂漠で、特に小さな物を探す事は大変困難だとされるが、こうして次々に物を見付けてしまう辺り、オラクルの探知機能などの高さが窺える。
 思えばその探知でエマージェンシートライアルの予知もしているのだ、この程度出来て当然なのかもしれない。