其処は砂漠かオアシスか。
 これは全キャラクターに、「東京探索」までクリアさせようと奮闘した記録である。


都会の景色01
 東京フィールドを解放するにあたり、ストーリークエストをクリアせねばならない。
 現在目標を達成しているのは、1stキャラのレツィービートと7thキャラのカカゼである。後者はデイリーオーダー解禁の条件が変更になった為クリアしたが、アップデートにより今は関係が無くなっている。
 残るキャラは五人だ。新しく作ったキャラから着手していく。

 6thキャラのヴィスレンはブレイバー、カタナという事もあり慣れた操作なので容易くクリア出来た。

 5thキャラのポルタ・ポメラはデュアルブレードを扱うバウンサーだ。これも近接武器のお陰か、すんなりとクリアを達成する。

都会の景色02
 4thキャラのクレイトは、実を言うと東京フィールドには既に進出している。経験値を少しでも与えたい事もあり、ブレイバーにクラスを変更して手早く「東京探索」をクリアした。

 しかし次で問題が起こる。
 3rdキャラ、ガンナーのツィーエがストーリークエストに挑戦したのだが、妙に、いや、異常に火力が低い。弱点属性は突いている、サブクラスのレベルも低くない、ユニットの特殊能力こそ整備されていないもののそれに関しては2ndキャラ以降に共通しており、ツィーエだけはレア度11のものを装備出来ている。
 だが思い当たる事は幾つかある。
 一つは、スキルによる攻撃強化が極端に少ない事だ。「ショウタイム」などにスキル振りはしているものの、目立って攻撃力を高めてくれるものが無い。ガンナー/レンジャーの性なのだろうか。
 もう一つは武器の属性値である。やっと手に入れたレア度12ツインマシンガン「ノクスシャリオ」を装備しているのだが、彼の持つこれだけが属性値を最高値まで強化出来ていないのだ。
 不慣れなスタイリッシュロールも失敗を重ね、結局一度クエスト失敗するという憂き目を見つつクリアという結果になった。

 気を取り直して2ndキャラ、エルダローエにバトンタッチする。ハンターであり、持っているのはレア度10のソードであるが、とにかくギアを溜めてのオーバーエンドが猛威を振るった。先程の大苦戦が嘘のようであり、続くクエストもあっさりとクリアしてしまった。

 こうなるとツィーエの立つ瀬が無い。「ノクスシャリオ」はドロップが新世武器に変わってしまい、彼の持つ旧式武器のものは属性強化の見込みもほぼ無いのだ。
 武器は手に入らない以上何ともならないが、今回の問題はなるべく早急にどうにかしてやりたいものである。
 彼にだけ街並みが砂漠に見えるようでは、あまりに辛いではないか。