緊急クエスト「採掘基地防衛戦:絶望」が始まるらしい。
 レベル上げには丁度良いのかもしれないと、6thキャラのヴィスレンを難度ノーマルへ向かわせた。レベルとしてはハード帯だが、どうにも武具の整備が追い付かないのである。
 実際の攻撃力も難度ハードでやっていけるだろうが、整備されていない武具で行かせたくないのも事実だ。


 さてクエストへ、というところでパーティーに加入者があった。最初は集まらない人数を二人で心配していたが、やがて集まった12人にほっと胸を撫で下ろし、戦いの場へと転送された。
 第三ウェーブから感じたのだが、妙に戦力が偏っている。がら空きの拠点が散見され、ダーカー粒子砲台に至っては丸無視だ。しかし難易度ノーマルである、アークス側に知識が無いのは致し方無いのだろう。
 拠点耐久値を回復するアークスも少ない。結局三つが陥落し、紫拠点をぎりぎり残すのみでクリアとなった。

 パーティーに加入してくれたかたも、戦力の偏りには悩まされていたようである。
 まだまだ熟練度の足りない者が、まず絶望を感じるか否か。そして其処から上り詰める力があるかどうか。強さとはそんな努力にかかっていると私は考える。