カジノエリアの新しいゲーム「アークマスロット」の筐体が置かれてから少し経ち、遂に稼働開始した。
 ハイリスクハイリターンのゲームらしいが、一体どのようなものか。早速足を運んでみる。


微笑んだものは01
 エリアに到着するとNPCディールからのアナウンスが届く。思えばバルーンで巡回しながら常に当選をアナウンスするのは大仕事ではないだろうか。
 アークマスロットの区画を見ると、既に盛況のようだ。空いていた席へ着き、破格の500カジノコインを賭ける。

微笑んだものは02
 図柄は四種類、内三種類の当たり柄を全て当てるとボーナスが入る仕組みのようだ。ファルス・アーム図柄が揃ってしまうとバトルゲームとなり、倒せない偽物、つまり外れを選んでしまうと獲得コインを0にされてゲーム終了となってしまう。
微笑んだものは03
 完全ランダムで襲いかかってくる脅威を撥ね退け、ステージ30まで辿り着けたならボーナス確定だ。
 賭け金500カジノコインに加えて一日十回までという制限付きの中、どう稼いだものか。

微笑んだものは04
(うーん)
 カジノコインが瞬く間に減っていく。どうもファルス・アームを切り抜ける事が難しく、道の半ば程で必ず外れてしまうのだ。
 この台はファルス・アームが出やすいのだろうか。しかしそれは悪い事だけではない。
微笑んだものは05
 確かにファルス・アームが出やすい事は外れを引くリスクも高いのだが、ファルス・アームを撃退出来た時の恩恵が後半に行けば行く程大きいのだ。特に二択のファルス・アームは、当てると獲得コインに180%ものプラス補正をかける。

 結局この日は合計すると負けてしまったのだが、あまり大きな損失でもなかった。
 学習に微笑むは幸か不幸か。それはまだ誰にも解らない。