そういえば、とフレンドのmin.(ミネ)さんへ尋ねてみたのがきっかけだった。
 ライドロイドにライドオンしてみたい、という好奇心の塊で、二人きりライディングクエストへと向かった。


 min.さんはまだラスベガスも未体験である。ライディングクエストは「ナイトライド:A区」であり、煌びやかな街が楽しめるだろう。
 ライドロイドに苦戦しつつも、空を駆る感覚はやはり新鮮であるようだ。エネミー「U.F.O」のシュールさに二人で笑っているとキャトルミューテーションよろしく吸引されそうになったので、急ぎ方向キーを入力して振りほどく。
乗りに乗って01
 シュールさでは段違い、まだかまだかと待っていた「ベガス・イリュージア」は制限時間ぎりぎりになって現れたので倒すまでには至らなかったものの、尊大な台詞の幾つかは聞けたので良しとした。

乗りに乗って02
 終始笑いの絶えないものとなり、制限時間終了後にまた飛んで観光する。
 乗りに乗ったクエストは、まだまだ終わりそうにない。