それはほんの僅かだが、暇を見付けてはアドバンスクエストへと向かっている。


付きまとうもの01
 「特務先遣調査:地下坑道」スーパーハードでは、またも運良く【若人】複製体打倒のエマージェンシートライアルが発生し、黒曜片ネロウを2個も手に入れた。
 それに意気揚々としたのも束の間、非常に残念なものが後に付きまとう。
 ファルス・アンゲルである。

 「特務先遣調査:地下坑道」と「特務先遣調査:採掘場跡」にて出現したのだが、これといって何か寄越してくれる訳でもなかった。リスクアップしたこのレベルであると、ファルス・アンゲルからも黒曜片ネロウが狙えるらしいが、ただの一度も落としてくれずに終わる。時間が無い中で長々と足止めされ、危険性も高いだけにこれは残念としか言いようがない。
 結局、リスクアップが切れる一週間で七回程アドバンスクエストへ行き、その内五回程遭遇したのだが、ファルス・アンゲルは意地悪なだけだった。

 付きまとうものに溜め息をつかされる、余計に疲れた一週間となった。ファルス・アンゲルはその知識でもひけらかしたいのだろうか、そんな考えすら浮かんでしまう。せめて聞かせるなら静かに聞かせてほしいものだ。