期間限定緊急クエスト「ネッキーからの挑戦状!」実装日。
 この日は時間があったので、早速挑戦に向かった。


 マップは「採掘基地防衛戦:襲来」のシンプルなものだが、とにかく嫌らしいのが耐久の高いVRウォール、そして北側や壁の向こう側に出現するA.I.Sエクソーダやダーカー粒子砲台らしい。これをどう片付けるかにクエストの成否がかかっているだろう。
 開始してみると、いつもなら東西両端によく出現する正結晶の量がやけに少ないように感じる。各ウェーブ間の度に駆けずり回ってみるが、あまり稼げなかった。
 出現するエネミーも後半になると変則的な動きをしてくるので手を焼かされる。
 しかしそれ以上にVRウォールの配置が厳しく、閉じ込められた向こう側にA.I.Sエクソーダとダーカー粒子砲台が出現した時の絶望感は笑うしかないものだった。強力なブラスターとレーザーとを受けて拠点が陥落する。
 二回目の挑戦でも、上手くこの二つを処理する事が出来ずにとどめとなって失敗した。度々通信に現れたNPCネッキーのなんと憎たらしい事だろう。

 這々の体でロビーに帰り、ふと一つだけスペシャルウェポンを拾っていた事を思い出す。鑑定ショップに足を運び、鑑定すると。
鼻高々高みの見物01
 レア度12タリス「ノクスクリーグ-NT」が姿を現す。付いている特殊能力も良いものが揃い、材料としても申し分無いので使い道に迷うところだ。
 それを手にしてふと、あの憎たらしさを思い出して「今回はこの程度」と言われているような気分になり、ぎりぎりと歯軋りでもしたい心地だった。

 文句を言う事は簡単だ。失敗から学ばねば何も始まらない。
 憎たらしい高みの見物に、せめてその鼻柱を折らせろと燃えるばかりだ。