1stキャラのレツィービートは、キャラ倉庫にギャザリング関連のアイテムを全て入れている。しかし昨今のギャザリング対象フィールドの増加で、そのやり方では倉庫が溢れてしまう事態となった。
 条件を付けて収納する倉庫を変える作業をしていたのだが、その中でふと料理アイテムに目が留まる。ギャザリング実績で手に入れた料理群だ。
 中には不要な料理もあったが、売ったり捨てたりするのも勿体無い気がする。考えた末に、そんな料理の数々を持ってスペースゲートをくぐった。


 クエストを受注し、キャンプシップ外の場所にいないと料理アイテムは使用出来ない。料理なのだから、と食べて消費する事にしたのだが、食べるにも手間がかかるようだ。
唐突なるディナータイム01
 辿り着いた先は惑星ハルコタン、白ノ領域。桜咲く良き日和の此処でなら、ゆっくりと食事出来るのではないだろうか。
 そして食べるならば、コース料理のような順番で食べてみたい。順番の決め方に詳しくないので全くの勘にはなるが、それらしいものから手を付ける。
唐突なるディナータイム02
 まずは「森林トマトのサラダ」から食べてみる。トマトだけではなく色々な野菜のサラダらしい。ドレッシングはお好みなのだろうか。
唐突なるディナータイム03
 続いて「浮上施設イワシのサラダ」。これのドレッシングは酸味のあるものが合いそうである。
唐突なるディナータイム04
 三つ目は「海鮮フルーツコンフィ」。私自身はコンフィというものを食べた事がないので味の想像がなかなか出来ないが、果実オイルでさっぱりとした味に仕上がっているのだろうか。
唐突なるディナータイム05
 最後に「砂漠カニのコロッケ」。クリームコロッケを想像しがちだが、「採掘場跡ジャガイモ」を使っているところを見ると違うのかもしれない。しかしどちらにせよ、ほんのり甘く香ばしい味が期待出来そうだ。

 御馳走様でした、と食事を終えてから、食後の飲み物にモノメイトなどの回復薬は味が合わなさそうだ、ふとそんな事を考える。
 いつも駆け回り忙しいアークスだが、偶にはこんな穏やかな時を過ごすのもいいのだろう。