記事「きっかけはやってきた」の続きになるでしょうか。
 ずっと、ずーっと、このブログを始めるにあたって悩んできた事を、ちょっとだけ話そうと思います。
 隠す事に疲れてしまうきっかけがあって、ぐるぐる考えていたのですが、今回言ってしまおうと決めました。
 言ってしまう事で、嫌悪感を持たれるかもしれません。
 反応は皆さんそれぞれかと思います。これからする話を聞いた、その後の判断は皆さんにお任せします。



 キャラクター三人の、秘めたる事について。



















































 フルネームは、

 レツィービート・アスエント
 エルダローエ・アスエント(旧姓ランキス)
 そしてツィーエ。

 あの三人、夫婦なんです。
 つまり同性婚ですね。レツィービートが夫です。
 オラクルに来る前、それどころかグラール(PSPo2i)に来る前に結婚してました。

 彼ら自身は、最初は非常に戸惑い、苦しみ、隠し続け、そして覚悟を決めて結婚に踏み切った形です。
 此処オラクルに来て、また隠さなければならなくなった事は、当初はそんなに辛い事ではなかったのです、が。

 言葉の綾とはいえ、大事なヴィタエスレインが段々真実味を帯びてレツィービートの妻にされて、引き下がれなくなって、本来妻であるエルダローエとツィーエの立場が無くなってしまって。
 どうして、折角一緒になったのに、隠さなければならないんだろう。
 彼らのそんな気持ちがどうにも切なくなってしまったんです。

 別所を隠したい理由もお解り頂けたかと思います。
 勿論、此処やPSO2内でこういった事を大っぴらにするつもりはこれからもありません。そちら方面は別所でやっていくつもりです。

 キャラクターへの思い入れが深すぎて親馬鹿なのだろうと思います。
 けれど、彼らの気持ちを考えると、無視は出来なかった問題でした。
 幾ら設定を決めたのが私とはいえ、彼らには、彼らの心があったんです。

 当然、周囲の方からは嫌われもするでしょう。
 もしかしたら、周囲の方に迷惑がかかるかもしれません。
 それでも、彼らの心を、少しだけでいいから知って欲しかったのかもしれません。



三人の秘め事
 願わくは、彼らに幸あらんことを。