全くの一次創作の話です。苦手なかたは閲覧をお控えください。

 突然の閃き、突然の誕生。
 アローネとは何者なのか?


アローネスクショ01
 160cm。中世文化なので成人していてもこれくらいです。
 フルネームはアローネ・レイル。名前のスペルは「Alone」、英語だと「アローン:孤独な、ただ一人の」となるのですが、イタリア語だと「アローネ:輝き、後光、栄光、光暈」となるダブルミーニングです。
 何処かで小さな領地を治めている貴族。その傍らにはいつも一人の使用人がいるとの事で、今回の旅路でも一緒です。
 髪は幼い頃のストレスにより白くなってしまいましたが、それも使用人のある一言で意味が変わってきたのだとか。そんな使用人を大切にするあまり、心から想ってしまうのですが……密やかな想いは穏やかに育まれているようです。
 そんな平穏の中でただ一つ気懸かりなのは、過剰な生命力を持つ使用人よりも自身の寿命が短い事だそうです(中世の寿命は全う出来ても男性で47歳程度)。

 悩みも多々ありますが、ただ一人と共に過ごす日々を大切にして、今日を生きています。

アローネ01
 イメージイラストはこちら。あまり豪奢な格好は好まないようです。