ちょっと数は少ないですががりがり描いたものと、案外気付かれていない全記事一覧カテゴリ「物語 記事一覧」にある各物語の表紙絵をぺたり。
 最後の9枚目がちょっと際どいかなーと思うので注意です。




ひとりぼっちぐらし表紙
 「ひとりぼっちぐらし」の表紙絵。
 これを描いた紙がちょっといい紙とはいえ薄い紙で、其処になんとGペンでペン入れしてしまったからさあ大変。
 滲みまくったのをスキャン後に修正してからの色塗りとなりました……無事に出来上がって良かった。



悲しみよ、君よ表紙
 「悲しみよ、君よ」の表紙絵。
 元々姿を此処まで切る予定だったのに、顔全体まで描かないと上手く描けないのは未熟なところです。
 手のような赤い模様をああでもないこうでもないと加工を繰り返していました。



幕間にて表紙
 「幕間にて」の表紙絵。
 シャーペン絵を取り込んでぱぱっと色付けしたものですが、シンプルさとは裏腹に丁寧に慎重に描いて、かなり時間をかけた絵です。



くるしいくらいに表紙
 「くるしいくらいに」の表紙絵。
 ステンドグラス調にしたいと考えて、最初は顔を描いていたのですが、
「背中で語ってもいいよね」
 と、背面になりました。マントはこの絵では着けましたが、まだはっきりと着けるか否か決まっていなかったりもします。



ひな曇りの日表紙
 「ひな曇りの日」の表紙絵。
 チムメンさんのトレードマークの一つ、チェックロングマフラーに異変が。
 見返り姿にしようと思っていたのですが、描いてみたら……あれ?
 不透明水彩絵で紙はウォーターフォードのホワイト。



蔵出し第6回目01
 一月の不在期間に落描きしていたよ・そのいち。
 適当に色をぬりぬり。



蔵出し第6回目02
 一月の不在期間に落描きしていたよ・そのに。
 赤青黄三色色鉛筆縛りでれーすけ! 使った色鉛筆がちょっと古くて色味が……。



蔵出し第6回目03
 こちらは赤青黄三色水彩縛りでレツィービート。
 制約内容は色の他に、下描きをしない、色は紙の上で混ぜる、でした。
 むかーしむかし描かされたビール瓶でやって以来の技法でしたが、そこそこ上手くいったかも?
 不透明水彩絵で紙はウォーターフォードのホワイト。



蔵出し第6回目04
 虫系ダーカーをイメージしつつ……。
 詳細に解析しないと解らないぐらいですが、クレイトはダーカー部分が僅かに残っています。その部分が何かしでかす訳でもないのですが。
 事実を知るのはレツィービート達とオラクル職員のみ。その為オラクル職員からは怖がられています。
 他の人は「ダーカー部分はゼロ」と思っていて……特にラヴェールさんが事実を知ったら本当何されるか解らないなあ……。
 不透明水彩絵で紙はセヌリエ荒目。ペン入れの描き味は良かったものの、絵の具を離してくれないところがストラスモアと似ていてちょっと苦手かな……。