PSO2というよりはVITA全体のお話になりますが……。
 強電波地域にお住まいのVITAユーザーの方へ送る、電波障害と回避方法についてです。
 他の記事でも触れていますが、改めてまとめます。




■電波障害が起こる条件
 まず、この条件に当て嵌まる方限定かもしれないという事を前置きしておきます。

・充電時
・パソコンへUSBで接続した時(USB給電の有無は問わない)

 これはつまり、「何らかの形でコンセントから電気が流れてきている」状態です。
 バッテリー式のノートパソコンは未所持で検証出来ず。
 また、こんな場合もあるようです。

・画面に水分が付いた時

 体の静電気が水分を通して無駄な反応を起こしてしまうのではないかと。



■電波障害の内容
 これがゲームによってはかなり深刻でしょう。

・タッチが利かない
・(やがて)タッチが一箇所に留まったりして暴走する

 この症状が出ると、一手間かけなければ普通に電源を切っても直らないのです。



■症状の直し方
 タッチ無効・暴走の症状が出たら、以下の手順をお試し下さい。

1.電源を「電源ボタン長押し」のみで切る
2.PSボタンが青く点滅して消灯し、完全に電源が切れた事を確認する
3.完全に切れてから「三~五秒待つ」
4.普通に電源を入れ直す

 特に「三~五秒待つ」のが重要です。こうする事でリセットがしっかりかかるのか、タッチ反応が元に戻ります。
 私はタッチがいつでも視認出来るPSO2で動作確認していますが、恐らくVITA付属のウェルカムパークでも確認出来ると思います。
 その確認の際に注意しないといけないのが場面転換です。
 PSO2を例に取ると、「はじめる」で起動してから、

・読み込みサークル→メーカー注意書きとオープニングムービー→タイトル→ゲームにログイン

 という画面転換があり、その度に暴走していたタッチが一旦消えます。これを「暴走判定」とでも表しておきましょう。
 PSO2の例で言うと、

1.メーカー注意書きの時に暴走判定が出た
2.タイトルに切り替わった瞬間暴走判定が消える
3.其処でタッチすると暴走判定が出る
4.ゲームにログインすると暴走判定が消える
5.暫くするとゲーム中に暴走判定が出る

 確かこうだったと思います。この暴走判定がすぐに出ない場合もあり、なかなか苦労します……。
VITAの電波障害について01
 私はいつもこの画面で暴走判定を調べてから、ゲームを始めています。
 一定の範囲のタッチが利かなかったり、隅にタッチが吸い寄せられたりしたら要注意です。



■電波障害を回避するには
 ずばり「コンセントに繋がない事」です。
 価格はお高いですが、VITAには「ポータブルチャージャー」、外部電源が存在します。私はこれを使うと電波障害が無くなりました。
 稀に、ポータブルチャージャーを使い切り、本体側のバッテリーで保たせつつポータブルチャージャーを充電し、本体側が危なくなればチャージャーを繋ぎ直して続けられるようにする……なんて事もしています。
 しかし、VITAを使用すれば本体の充電もやはり必要になるもの。充電後、知らず知らずの内に症状が発生している場合もありますので、充電後の起動はタッチ確認をした方がいいでしょう。

 少しでもお役に立てば幸いです。良きVITAライフを!



■余談
 私の住んでいるところで、電波障害のあったゲーム機、及び症状の一覧を載せておきます。これからVITAなどの購入を検討されていて、心当たりのある方はご注意下さい。

・ファミコン
 マイクから音が聞こえる

・スーパーファミコン
 コントローラーを握るとL・Rボタンが暴走する

・CD-ROM2、DUO-R
 録音系音楽が飛び、遂にCD-ROM系ゲームが起動出来なくなった(カードは可能)

・PS2
 L・Rボタンの暴走(後にメーカーがコントローラーへ部品を加える対処を行ない、直った)