とはいえ、辞書を持っている程度、齧った程度ではありますが……。
 サントラvol.3の曲名が一部イタリア語だったので訳してみました。
 ついったに上げたのは何箇所か大間違いをしてました……だからと言って今回から間違いが全て消えた訳ではないのかもしれませんがくぶる。


 と、その前にイタリア語の決まりなんかを。
 男性名詞と女性名詞があり、それによって動詞や形容詞の語尾も変化するのです。
 基本的に語尾が、
 「単数形-o 複数形-i」=男性名詞
 「単数形-a 複数形-e」=女性名詞
 です。複雑な決まり、例外もありますが、取り敢えずはこれで。



 イタリア語だったのは敗者さん関係の曲名。順番に見ていきましょう。

Alchimista di fiamma:アルキミスタ ディ フィアンマ
「炎の錬金術師」
 意味を順番に取ると、「錬金術師」「○○の」「炎」。
 いきなりの例外ですが、「Alchimista(錬金術師)」は男性名詞であり女性名詞でもあります。

Alchimista di grandinare:アルキミスタ ディ グラーンディナレ
「雹の錬金術師」
 これはちょっと難しいのですが……。
 「grandine(雹)」という名詞があるのですが、それではないですね。
 使用されているのは「grandinare(雹が降る)」という動詞ですが、これは「非人称動詞」というものです。
 非人称動詞には自然現象などがあたります。
 「アポスさんが雹を降らせる当人である」事を明確化したのかな……其処のあたり不勉強ではっきりと解らず……。

Alchimista di tuono:アルキミスタ ディ トゥオーノ
「雷の錬金術師」
 これは「炎」と同じく、特に難しい文法はありません。
 意味は「tuono(雷、雷鳴)」。

la L'inno per il "IDOLA" -Persona di Onnipotente-
:ラ リンノ ペル イル イドラ -ペルソーナ ディ オンニポテーンテ-
「さる偶像への賛美歌 -全知格-」
 作曲されたご本人が「イドラへの賛美歌」と仰ってましたっけ。もっと訳してみましたけれど……多分これかな?
 意味は「inno(賛美歌)」「persona(人格)」「onnipotente(全能の)」、敗者さんに合わせて「全知格」と訳してみました。

la L'inno per il "IDOLA" -Vortex dell'inferno-
:ラ リンノ ペル イル イドラ -ヴォルテックス デッリンフェールノ-
「さる偶像への賛美歌 -痛苦の渦-」
 「Vortex(渦)」のみ英語なのかもです。というのも、イタリア語には基本的に「x」が外来語しか使われず、色々切り分けて探してもイタリア語ではそれらしい単語が見付かりませんでした。
 他の意味は「inferno(地獄、地獄のような苦しみ)」。

la L'inno per il "IDOLA" -Ala di immortalita-
:ラ リンノ ペル イル イドラ -アラ ディ インモルタリター-
「さる偶像への賛美歌 -不滅の翼-」
 意味は「ala(翼、庇護)」「immortalita(不死、不滅)」。



 さて、最後に小ネタ。
 男性名詞と女性名詞があり、それによって動詞や形容詞の語尾も変化する、という事について。
 イタリア語で「bravo(優れた、賢い、勇敢な、など)」という形容詞があります。「ブラーヴォ!(いいぞ!、上手いぞ!、凄いぞ!)」ですね。
 実は決してクーナさんに「ブラーヴォ!」と言ってはならないのです。
 「-o」で終わっている為、これは男性に対しての「凄いぞ!」になっちゃうのです。
 では女性には? 「brava」、つまり「ブラーヴァ」と言います。「-a」で終わるので女性形。
 じゃあ、ミクルカペアに対しては? 「brave」、「ブラーヴェ」です。
 此処も難しいのですが、「複数の中に男性が一人でもいる=-i」「複数が女性だけで構成されている=-e」です。個人的に「「おい」と言えるのは男性」と覚えていたり……。

 本当にイタリア語初心者が訳したり発音したりなので、間違いがまだあるかもです……。ご了承下さい。
 色んな面からPSO2を楽しむきっかけとなれば幸いです!