(14/06/28)
 PSO2が復旧しましたので、これは過去記事となりました。
 願わくは、もう二度とこの記事の出番がありませんように!




(6/25二回目の追記あり)
 この記事は常にトップに来ます。

 もしかしたら他の方と被るかもしれませんが、注意喚起の為消しません。
 ツイッターでも提案した事の繰り返しになります。

 DDoS攻撃を受けている公式サイトへのアクセスを回避する為、ブロガーがしなければならない事があると思います。

・公式バナーを外す:読み込むとバナーを呼び出そうとアクセスする為・リンクが繋がってしまう
・公式サイトへのリンクを外す:誤ってクリック・タップしアクセスする事を防ぐ
・サポーターズランキングへの投票リンクを外す:同上
追記(おとうふさんのご指摘。有り難うございます!)
・Twitterの自動つぶやき機能など外部サービスからも一切の公式サイト関連リンクを外す

 以上四点を一時的に行なった方が良いと思われます。
 中には一記事毎にリンクを設定している方もいらっしゃると思います。それを手作業で全て外すのは無理だという方もいらっしゃるでしょう。その場合は、注意喚起の文章を何処か目立つ場所に記述する事で回避策になり得ると思います。
(6/25追記)
 公式サイトが復活しましたが、まだまだ油断の出来ない状況です。
 リンクは復活させず、解除した侭の方が良いと思われます。

 勝利を願い、待ちましょう。

(6/25二回目の追記)
 解りにくいですが、続きから例え話でご説明します。



 若干ファンタジーですが。

 図書館がありました。
 其処は日頃大勢の人で賑わっていました。
 図書館の外では、有志によるお祭りもかなりありました。

 ある日、図書館の中に巨大な岩が現われました。正体不明で、それは次々に現れます。
 撤去作業は其処らにいる人の力では無理でした。図書館の人達が色々なところに助けを求めて漸く撤去出来るくらいです。
 図書館はどんどん狭くなり、遂に岩でパンクしてしまいました。

 図書館への立ち入りが出来なくなりました。岩でいっぱいで、人の入る余地が無いからです。

 少し経って、図書館に僅かなスペースが戻り、一部をまた公開する事が出来るようになりました。
 でも相変わらず撤去作業は続いていますし、岩も増え続けています。

 只でさえ狭くなった其処に、いつも通りの人が殺到するとどうなるのか?
 またパンクするでしょう。撤去作業も侭ならなくなるでしょう。
 目的が応援でも、「図書館を狭くする」事実には変わりありません。
 作業現場に間違って入っても、現場の人の邪魔になるだけです。
 今は、どうしても必要なものがある時だけ行くのが得策でしょう。

 さて、有志によるお祭りは元々外で行なわれていました。図書館の中では行なわれていませんでした。
 図書館に入れない事で、少々ネタに困る事はありますが、外から応援の言葉をかける事は今でも出来ます。



 さて……もっといい例えが出来たら良かったんですが! これが限界なようです。
 コメント欄のご意見への返信にて書きましたが、あくまで私が提唱するのは、

「"余計な"アクセスは回避しよう」

 これです。「アクセス」が攻撃方法である以上、不必要にアクセスする事は避けなければなりません。
 活動を自粛しようだとか、断じてそういったものではありませんのであしからず。